防犯機能を向上させる方法として鍵に注目しよう|キーポイントを知る

カギ

より安全にするために

鍵

防犯性を向上させるためには鍵にそれなりの工夫を行なうことが大切なのですが、千葉で行われている工夫のひとつに補助錠があります。扉に鍵穴がひとつという家庭は未だにありますが、それでは身の安全を守るためには少々物足りないでしょう。千葉で推奨されている補助錠とは、メインの鍵とは別の鍵を扉に設置するということです。ひとつの扉に二つ以上の鍵を設置しておけば、安心感も当然増すというものです。また、補助錠を設置するだけが防犯に対しての工夫というわけではありません。設置する補助錠に関しても、また工夫が必要なのです。それはどのような工夫なのかというと、メイン錠と補助錠の種類です。千葉で防犯性を意識するのであれば、それぞれの鍵は別の種類にすることが大切です。何故なら、鍵は種類ごとに特性がまったく違ってきます。空き巣の手段としてすぐに思い浮かぶのはピッキングかもしれませんが、それ以外にもこじ開けという手段で建物に侵入してくる人もいます。

鍵には、ピッキングに強い種類弱い種類、こじ開けに強い種類と弱い種類があります。どうせ二種類の鍵を設置するのであれば、ピッキングに強い種類とこじ開けに強い種類の二種類を選択すれば良いのです。そうすることによって、様々な空き巣のパターンを回避することができます。防犯性の向上を希望しているのであれば、このくらいはして当然といえるでしょう。千葉には多くの鍵専門業者がありますので、補助錠設置の相談をして、より防犯性を高めるにはどの方法が良いのかを確認してみると良いでしょう。